‘08.住宅用機器’ カテゴリーのアーカイブ

三菱電機、静音運転と高効率運転の「パイプ用ファン<センサータイプ>」

2014 年 2 月 27 日 木曜日

業界No.1の静音運転と高効率運転を実現

三菱「パイプ用ファン<センサータイプ>」新発売のお知らせ

三菱電機 「パイプ用ファン<センサータイプ>」三菱電機株式会社は、戸建住宅などで使用される換気扇パイプ用ファンの新商品として、業界No.1の静音運転(※1)と高効率運転(※2)を実現した「人感センサータイプ」をはじめとする「センサータイプ」19機種を5月上旬に発売します。

※1:2014年2月25日現在、当社調べ。接続パイプ径100mm、軸流ファン搭載で開放風量50m3/h以上、センサーによる自動運転制御機能付の商品において<V-08PALD7(◇)他計5機種>(50Hz強運転時)
※2:2014年2月25日現在、当社調べ。接続パイプ径100・150mm、軸流ファン搭載、センサーによる自動運転制御機能付の商品において<V-12PALD7他計3機種>(50Hz強運転時)

<新商品の特長>
1.「サイレントウェーブレットファン(R)」搭載により、業界No.1の静音運転を実現
・騒音抑制技術採用の「サイレントウェーブレットファン(R)」により運転音を最大2dB低減(※3)
・木の葉が触れ合う音並みの業界No.1(※1)の21dBを実現

※3:従来品(V-08PALD6)との比較<V-08PALD7(◇)他計5機種>(50Hz強運転時)

2.消費電力の削減により、業界No.1の高効率運転を実現
・省エネ性の目安となる「比消費電力(※4)」は、最小0.024W/(m3/h)(※5)と業界No.1の高効率運転(※2)を実現<V-12PALD7他計3機種>
・センサー回路の最適設計により消費電力を最大55%削減(※6)<V-08PALD7(◇)>

※4:換気扇の消費電力を有効換気量(ダクトや屋外フードの圧力損失を考慮した換気量)で割った値。値が低いほど換気扇の効率が高いことを示す
※5:50Hz強運転時において<V-12PALD7他計3機種>(消費電力:3W、有効換気量:123m3/h)
※6:従来品(V-08PALD6)との比較<V-08PALD7(◇)>(50Hz弱運転時)

3.「センサータイプ」のラインアップを業界トップクラスの26機種に拡充
・部屋の用途や生活シーンに応じた4種類の「センサータイプ」17機種をモデルチェンジし、接続パイプ100mm径タイプの「温度センサータイプ」を2機種新たに品揃え
・現行品7機種とあわせ、業界トップクラス(※7)の26機種をラインアップ

※7:2014年2月25日現在、当社調べ。パイプ用ファン「センサータイプ」において

<発売の狙い>
主に戸建住宅で使用されるパイプ用ファンは、常時換気や居室の空気質改善のため換気運転が長時間にわたることが多く、運転音が快適な生活の妨げとなる場合 があることから低騒音化が求められるとともに、消費電力の低減が課題です。また、2012年12月の省エネ基準改正(住宅は2013年10月施行)によ り、住宅設備の一次エネルギー消費量の基準値が設定されたことで、今後は建物の断熱性能だけでなく、換気設備を含む住宅設備機器に対しても、より省エネ性 の高い機器が求められています。さらに、国の省エネ技術促進事業であるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業では、補助金の交付要件基準のひとつに 「壁掛け式で、比消費電力(※4)が0.2W/(m3/h)以下で動くタイプの換気設備」の採用が挙げられています。
当社は今回、こうした省エ ネ推進施策の要件を満たした、業界No.1の静音運転(※1)と高効率運転(※2)を実現したパイプ用ファン「センサータイプ」19機種を発売します。部 屋の用途や生活シーンに応じた「センサータイプ」のラインアップを拡充することにより、快適で省エネな換気システムの構築を支援します。

<製品担当/お客様からのお問い合わせ先/カタログ請求先>
三菱電機株式会社 中津川製作所 営業部電材営業課
〒508-8666 岐阜県中津川市駒場町1番3号
TEL 0573-66-8215

パナソニック 「配電」と「情報」機能を搭載可能な住宅分電盤

2013 年 11 月 7 日 木曜日

「配電設備」から「将来のくらしに役立つ設備」へ

パナソニック スマートグリッド社会の実現に向けた住宅分電盤今後のスマートグリッド社会の実現に向けた住宅分電盤を新開発
「配電」と「情報」をハイブリッド化する新住宅分電盤「スマートコスモ(TM)」(※1)

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、スマートグリッド(※2)社会の実現に向けたホームエネルギーマネージメントシステム(以下、 HEMS)の市場普及を図るため、家庭での配電と情報の中枢となり、将来に備えたさまざまな機能を搭載可能な住宅分電盤「スマートコスモ」を新開発し、 2014年度での製品化を目指します。

東日本大震災以降、今なお続く電力の需給問題により、消費者の節電やエネルギーに関する意識は大 きく変化しています。また、政府も2016年には電力小売の自由化、さらに2020年代前半にはスマートメータを全家庭に設置することを計画しており、今 後、電力料金体系やサービスの多様化など、家庭における電力をとりまく環境が大きく変化することが予想されます。

「スマートコスモ」は、電気・ガス・水道と家庭で使用するエネルギーを「見える化」するとともに、計測した電力の使用状況などのデータを活用することで、利用者の生活支援や節電誘導喚起などの新たなサービスを創出し、利用者が快適で安心できる暮らしを提供していきます。

また、「スマートコスモ」は、将来のスマートグリッド社会におけるさまざまな環境変化やサービスへの対応を想定した設計なので、新築時の太陽光発電システ ム、家庭用燃料電池や当社製住宅用「創蓄連携システム」の導入対応はもちろん、数年後にこれらの設備を増設する場合でも、必要な計測機器などを分電盤内に 容易に設置でき、省施工と省スペースを実現します。
将来的には、スマートメータと連携することで、今後、電力会社などが導入を検討しているデマンドレスポンスやピークシフト、ピークカットなどにも対応できるため、「電力需給の安定化」や「大規模停電の防止」への貢献が可能となります。

当社は、今後の社会の環境変化に対応する「スマートコスモ」をこれからの住まいの『あたりまえ』設備として提案していきます。これからも電気設備・家電な ど宅内機器との連携に加えて、つながり・ひろがり・進化するくらしを提供できるホームエネルギーマネジメントシステム「スマートHEMS(R)」(※3) を拡充し、より快適で安心な社会の実現に貢献していきます。

※1:「スマートコスモ」は商標登録出願中です
※2:スマートグリッドとは次世代電力網とも呼ばれ、電力の供給量に応じて需要を調整できる電力網のこと
※3:「スマートHEMS」および「AiSEG」は、パナソニックの登録商標です

セイコークロック 屋内受信エリアが広い衛星電波掛時計

2013 年 6 月 12 日 水曜日

進化するセイコー電波クロック衛星電波クロック誕生

セイコークロック 衛星電波掛時計セイコークロック株式会社(本社:東京都江東区 代表取締役社長久良木博史)は、GPS(※)衛星からの時刻情報を受信し、自動的に表示時刻を修正する衛星電波掛時計を7月下旬より全国で販売いたします。
標準電波を利用する従来の電波時計に比べ、屋内で受信可能となる範囲が大幅に拡がりました。正確な時刻表示を必要とするオフィスや工場にも簡単に導入いただけます。

※GPSとは、Global Positioning System(全地球測位システム)の略です

<商品の特長>
本商品は10万年に1秒の誤差という高精度原子時計を搭載したGPS衛星から発信される時刻情報を取得し、正確な時刻表示に修正します。GPS衛星は約30基が上空約2万kmを周回しており、その中のいずれか1基からの情報だけで正確な時刻表示を実現します。
(本商品は位置情報を使用しません)

●屋内受信エリアが広い
受信可能となる距離が、標準電波を利用する従来の電波時計と比べて約5倍(※)となりました(電波の進入口となる建物開口部から計測)。オフィスや工場など従来の電波時計では受信しにくい鉄筋コンクリート造の建物でも使いやすくなります。
※当社フィールドテストにおいての平均値

●スピード受信
最短10秒で時刻情報を受信出来ます。従来の電波時計は4分以上必要ですので、素早く時刻修正が可能です。

●家電、OAノイズに強い
GPS衛星から発信されている電波の周波数帯は、電波法により特に厳しく規制されているため、従来の電波時計よりも家電製品やOA製品から発生するノイズの影響を受けにくくなっております。

●グリーン購入法(※)適合
電池寿命5年を実現し、環境負荷低減にも配慮しております。
※正式名称は「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」です。適合商品の判断基準の一つである「一次電池のみで使用される場合には、電池が5年以上使用できるものであること。」を満足しています。

●世界中で使用可能
GPS衛星の信号を受信できるところであれば、国や地域にかかわらず正確な時刻表示を実現します。(時差修正は手動です)

●公共スペースにも適した大径45cm
遠くからでも見やすい大径で、さらに枠を白くすることで針と文字板の見やすさを際立たせました。オフィスや工場などの広いスペースへの設置に適しています。
また、防湿・防塵仕様ですので、水まわりやほこりの多い場所でもご使用いただけます。

販売目標は、合計で年間200個です。

この件に関するお問い合わせ先:
一般のお客様 セイコークロック(株)お客様相談室 0120-315-474
セイコークロック(株)のWebサイトアドレス http://www.seiko-clock.co.jp

アイホン、テレビドアホン”IPネットワーク対応インターホン「IX」”

2013 年 3 月 14 日 木曜日

ONVIF規格の”IPネットワーク対応インターホン「IX」”を10月に発売

アイホン "IPネットワーク対応インターホン「IX」" アイホン株式会社(本社:名古屋市熱田区、代表取締役:市川周作)は、オフィス、商業施設、銀行などの出入口のセキュリティ強化のニーズに応えるため、 カメラ付ドアホン端末の映像を、市販の映像監視システムと連動をすることにより、常時録画を可能にしたテレビドアホン”IPネットワーク対応インターホン 「IX」”を本年10月に発売いたします。映像監視システムとの連動は、テレビドアホンとして初めてネットワークカメラ製品のインターフェイス標準規格 (ONVIF規格(※1))に対応させることで、各社との連動を可能にいたしました。

従来のテレビドアホンは来訪者の呼出時や室内から のモニター時に映像を確認したり、録画をすることができますが、それ以外は録画をすることができませんでした。今回は、常時稼動が可能なカメラ付ドアホン 端末を開発することで、連動する市販の映像監視システムにてテレビドアホンが捉える映像の常時録画を実現させました。常時録画することによって、訪問者の 訪問前後の様子を確認したり、カメラ付ドアホン端末を監視カメラと同じように監視用途として利用することができます。同時に、監視カメラと違って不審者の 正面からの顔映像を捉えることができ、オフィス、商業施設、銀行などの出入り口周辺のセキュリティの強化が可能です。

インターホンの機 能としても、呼出確認や着信音に音声メッセージを採用し利便性を向上させています。さらに、IPネットワーク対応によりVPN回線を利用した遠隔地の拠点 間の連絡が可能です。通信はピア・ツー・ピア(※2)で行うためサーバーレスで最大500端末まで接続が可能で、小規模から大規模システムまで幅広く対応 できるシステムになっています。

※1:2013年3月1日当社調べ ONVIF対応申請予定。
ONVIF(Open Network Video Interface Forum)・・・・ネットワークカメラ製品のインターフェース規格標準化フォーラムの略称。ONVIFのインターフェース規格は、監視カメラなどのネッ トワークカメラ製品において、異なるメーカーの製品同士でもライブ映像や音声、制御情報などをやりとりできるようにするための標準規格です。

※2:多数の端末間で通信を行う際のアーキテクチャのひとつで、対等の者(ピア)同士が通信をすることを特徴とする通信方式、通信モデル、あるいは通信技術の一分野を指します。

●[ 特長 ]
・カメラ付ドアホン端末で相手先の映像を見ながら通話ができるので相手先にあわせたスムーズな対応が可能です。サービス向上の一つとして来客や利用客への遠隔応対などで利用していただけます。
・サーバーレスで端末を500台まで接続でき、小規模から大規模システムまで対応できます。
・カメラ付ドアホン端末の映像をモニター付インターホン端末だけではなく、映像監視システム録画装置のモニターでも常時確認、録画をすることができます。
・映像監視システムや入退室管理システムと連動することで、モニター付インターホン端末で入室者の正面の映像を確認できます。
・複数設置された電気錠もモニター付インターホン端末で通話中にワンタッチで解錠操作ができます。
・どのカメラ付ドアホン端末から呼ばれたかを個別に音声メッセージで通知します。音声メッセージの音源は一般的なWAVファイルを機器にアップロードさせて使用します。【業界初】(※3)
・モニター付インターホン端末への接点入力を使用し、呼出することができ、カメラ付ドアホン端末とは別のボタンで呼出することができます。
・「車椅子ボタンが押されました」など、用途に合わせたメッセージを流すことができます。
※3:2013年3月1日当社調べ

●[ 発売日 ]
2013年10月21日

三菱電機 低騒音と高効率運転を実現した「パイプ用ファン」21機種

2013 年 1 月 22 日 火曜日

新羽根「サイレントウェーブレットファン」搭載により、業界No.1の低騒音を実現 三菱「パイプ用ファン(接続パイプ100mm径タイプ)」新発売のお知らせ

三菱電機 低騒音と高効率運転を実現した「パイプ用ファン」三菱電機株式会社は、住宅・事務所などで使用する換気用換気扇の新商品として、新羽根の搭載とモーター部品・風路の最適設計により、業界No.1(※1)の低騒音と、業界トップクラス(※1)の高効率運転を実現した「パイプ用ファン(接続パイプ100mm径タイプ)」21機種を5月1日に発売します。

※1:2013年1月現在(当社調べ)。接続パイプ径100mm、軸流ファン搭載で開放風量60m3/h以上の商品において

<新商品の特長>
1.新羽根「サイレントウェーブレットファン」搭載で業界No.1(※1)の低騒音を実現
・高速鉄道や航空機の騒音抑制技術を採用した新羽根「サイレントウェーブレットファン」を開発
・新羽根の搭載により運転音を2dB低減(※2)、木の葉の触れ合う音並みの18dB(※3)を実現<V-08PM7>
※2:従来品(V-08PM6)との比較(50Hz時)    ※3:50Hz時、開放風量75m3/hにおいて
2.モーター部品と風路の最適設計により業界トップクラス(※1)の高効率運転を実現
・世界最小(※4)高効率モーター「MINIMO(R)(07SSモーター)」の部品や本体風路を最適設計・消費電力を約9%(※5)低減、省エネ性の目安となる「比消費電力」(※6)は0.026W/(m3/h)(※7)と業界トップクラス(※1)の高効率運転を実現<V-08PD7>

※4:全自動無人化生産対応コンデンサ搭載型換気扇用交流モーターにおいて、2013年1月現在(当社調べ)
※5:従来品(V-08PD6)との比較(60Hz時)
※6:換気扇の消費電力を有効換気量(ダクトや屋外フードの圧力損失を考慮した換気量)で割った値。値が低いほど換気扇の効率が高いことを示す。
※7:消費電力:1.7W、有効換気量:66.5m3/h(50Hz時)

3.現代の住宅にマッチするデザインを採用
・壁からの出っ張り感を低減した現代の住宅にマッチするデザインを採用

<発売の狙い>
2003年に建築基準法が改正され、常時換気設備の設置が義務付けられて以降、換気に対するユーザーの意識の高まりとともに、より高性能な換気機器が求められております。  なかでも、住宅や事務所で使用することが多い換気扇のパイプ用ファン(接続パイプ100mm径タイプ)は、その運転音が快適な生活の妨げとなる場合があることから、低騒音化が求められていました。また、常時換気や居室の空気質改善のため、換気運転が長時間にわたることが多く、消費電力の低減も課題でした。  当社は今回、新羽根「サイレントウェーブレットファン」の搭載とモーター部品・風路の最適設計により、業界No.1(※1)の低騒音と約9%の消費電力低減(※5)を実現した新商品を発売します<V-08PM7>、<V-08PD7>

<製作担当工場/お客様からのお問い合わせ先/カタログ請求先>
三菱電機株式会社 中津川製作所 営業部
〒508-8666 岐阜県中津川市駒場町1番3号
TEL:0573-66-8215

電材市場バナー 小 電材市場はリンクフリーです。
リンクの際は上のバナー
をご利用ください。

ホーム | 会社案内 | お問い合わせ | ショップの登録 | 広告について | サイトマップ


Copyright © 電材市場. All Rights Reserved.
無断での複製・転用はこれを禁止します。


無料アクセス解析