‘09.計測器・墨だし機器’ カテゴリーのアーカイブ

フルーク・ネットワークス 現場作業者向けケーブル検査用テスター「MicroScanner®PoE ビューアー」

2019 年 3 月 25 日 月曜日

フルーク・ネットワークス、新たなハイパワー PoE 規格に対応する
ネットワーク機器の迅速な設置とトラブルシューティングをサポート
現場作業者向けケーブル検査用テスター「MicroScanner®PoE ビューアー」を提供開始

~イーサネット・アライアンスのクラス指定に準拠し、スイッチ能力をすばやく表示する革新的なPoE 診断ツール~
ケーブル検査用テスター「MicroScanner®PoE ビューアー」

企業ネットワークの構内LAN からデータセンターまでメタル配線から光ファイバー配線ネットワーク・インフラの性能試験用ケーブルテスターを幅広く提供する米フルーク・ネットワークスの日本法人である、株式会社TFF フルーク社(東京都港区、代表取締役:フレデリック・ミシェル、資本金:1 億円、以下フルーク・ネットワークス)は、2018 年9 月に承認された新たなハイパワー PoE規格802.3bt を含むPoE(パワー・オーバー・イーサネット)※1デバイスの迅速な設置とトラブルシューティングをサポートするケーブル検査用テスター「MicroScanner PoE ビューアー」(マイクロスキャナー・ピーオーイー・ビュアー)を3 月22日より提供開始いたします。
「MicroScanner PoE ビューアー」は、イーサネット・アライアンスの指定に従い、スイッチから得られる情報を基に利用可能な電力のクラスを表示することで、現場作業者がスイッチに十分な電力が供給できる能力があるかどうかを簡単に知ることができます。その手頃な価格により、すべての技術者がPoE敷設現場で携帯することが可能になります。
「MicroScanner PoE ビューアー」の価格は 83,000 円~(税別)となります。
フルーク・ネットワークスでは、初年度における「MicroScanner PoE ビューアー」の売り上げ目標として 1,000 台をめざしております。
※1)PoE(Power over Ethernet): LAN ケーブル経由で接続した機器に電源が供給できる機能。通信と電源供給がケーブル1 本で行なえるので、無線LAN アクセスポイントやIP 電話を設置することができる。2018 年9 月に、IEEE 委員会に承認された新しいハイパワーPoE 規格(IEEE 802.3bt)が批准され、最大 90W の給電や最大 71W の受電を可能にし、ネットワーク接続型のLED照明などのアプリケーションに理想的なものとなっている。

■PoE 配線システムの迅速なトラブルシューティングを実現
「PoE」は、大幅なコスト・ダウン、効率向上、および設置の柔軟性の利点により、カメラ、アクセスポイント、ディスプレイ、照明器具などの受電装置とそれらをサポートするスイッチにおいて、その急速な普及は目覚ましいものがあります。 しかし、残念なことに、「PoE」という用語はどの規格でも定義されておらず、さまざまな規格化がなされており、その中には厳密な規格化がなされないまま、実装されているものも存在します。 さらに、複数の規格、複数の電力レベル、「PoE +」、「PoE ++」などの標準化されていないさまざまな名前、およびその他の識別名称が使用されています。 その結果、どのデバイスが連携して機能するのかを専門家でさえも知ることは困難となっているのが現状です。
このような状況の中、イーサネット・アライアンスはこの混乱を終わらせるために認証プログラムを開始しました。 PoE 電力のレベルと要件は、供給または要求される電力量(すなわち「クラス」)を示す0〜8 の数字で示されます。技術者にとって必要なことは、給電装置のクラス番号が受電装置のクラス以上であることを単に確認するだけです。 「MicroScanner PoE ビューアー」をPoE スイッチに接続すると、そのPoE試験機能により、そのスイッチが示す最大電力クラスが表示され、スイッチと機器間に適合性があるかどうかを現場技術者は簡単に認識できます。

■ケーブルと接続性を確認するツール群を装備、ケーブルの行き先も迅速に特定
「MicroScanner PoE ビューアー」は、PoE はもちろんのこと、現場作業者が非PoE 対応機器を設置するための一連の完璧なツール群も備えています。 ケーブルのワイヤマッピング、内蔵のトーナー(IntelliTone™ 対応)、および障害までの距離を表示するインジケータによって、ケーブル配線の問題を迅速に追跡できます。 稼働中のスイッチポートに接続すると、「MicroScanner PoE ビューアー」は最大10 Gbpsのポート速度を表示します。これは、現場作業者にとって、通信速度の低下したアクセスポイントのトラブルシューティングに特に役立ちます。また、トーナー機能によりケーブルの行き先を素早く特定することも可能です。

■テスト時間とユーザー・エラーの低減
従来のケーブル検査用テスターは、必要な情報を得るために異なる最大 4 つのテスト・モード と約 10 画面にわたる表示切り替えをユーザーに強いるものでした。これは、作業を遅くするだけでなく、ユーザーのフラストレーションと間違いをも引き起こします。
「MicroScanner PoE ビューアー」は、主要なテスト結果 (ワイヤーマップ、ペアの長さ、障害までの距離、ケーブルの ID、遠端の接続端末など) をすべて1 つの画面に表示することで、この従来の手法を根本から変えました。

<ケーブルテスター「MicroScanner PoE ビューアー」の価格>
83,000円 ~(税別)

共立電気計器 低圧用検電器 KEW 5712

2018 年 12 月 9 日 日曜日

交流・直流両用で幅広い現場に対応。太陽光発電設備の保守・点検に!

圧用検電器KEW 5712
・ブザー音とLEDで検電の確認が可能
・AC80V~600V/DC40V~750Vの広い動作電圧範囲
・AC検電は裸線/被覆線の感度切替が可能
・DC検電は付属のリード線を接地で確実に検電(裸線)

【仕様】
測定電圧範囲 AC80~600V・DC40~750V
使用周波数 50/60Hz共用
動作表示 LED断続発光、ブザー断続音
対象電線 AC(裸線/被覆線)・DC(裸線)
絶縁耐力 AC2000V/1分間(本体:検知子~導電性クリップ間 , リード線:先端金属部~クリップ間)
発光 8000ルクスの明るさで確認可能
発音 50cm離れた位置で50dB以上
使用電池 ボタン型電池 LR-44(1.5V)× 2
外形寸法/質量 本体:133(L)× 19(W)× 19.5(D)mm
リード線:715mm(クリップ部含まず)
約17g(電池含む、リード線除く)
付属品 7282(リード線
ボタン型電池 LR-44(1.5V)× 2

 

計測器販売のウルトラ

共立電気計器 太陽光発電システム総合試験器 6024PV

2016 年 3 月 3 日 木曜日

PV絶縁、絶縁、接地、電圧測定機能をコンパクトなボディに搭載

共立電気計器はPV(太陽光発電パネル)絶縁抵抗測定、絶縁抵抗測定、接地抵抗測定、電圧測定機能をコンパクトなボディに搭載した太陽光発電システム総合試験器 6024PVを発売した。

PV絶縁抵抗:500V / 1000V
絶縁抵抗 : 250V / 500V /1000V

 

メーカー販売価格は85,000円(消費税別)

共立電気計器 6024PV
【製品特長】
・ 日中の発電状態でも正確に絶縁抵抗測定が可能
・ 悪天候下でも測定可能な防雨構造
・ 1000件までの測定結果を保存できるメモリ機能
・ 夜間の現場作業をサポートする蓄光ボタンとバックライト
・ 測定開始からの経過時間表示機能
・ 日付と時刻を設定可能(記録データに同時保存)
・ 小型・軽量設計で長時間の作業や持ち運びに便利
・ 手元でスイッチ操作ができるリモートスイッチ付測定プローブ標準装備
・ 交流電圧(真の実効値)および直流電圧を自動判別して測定
・ オートディスチャージ機能付
・ 保存した測定結果をUSB接続によりPCへ転送可能

 

詳しくは(製品リンク)

共立電気計器株式会社

 

 

 

三和電気計器 DC/AC両用クランプメータ DCL31DR

2015 年 11 月 5 日 木曜日

三和電気計器はDC/AC両用でTrueRMS対応のミニクランプメータ DCL31DR の販売を開始した。
製品の特長は以下の通りとなっている。

三和電気計器 クランプメータ DCL31DR【製品特長】
■ IEC61010 に準拠した安全設計
■ 狭いところでもクランプしやすい細いコアを採用
■ 真の実効値(True RMS)変換方式、DCA / ACA / DCA+ACAに対応、フルオートレンジ
■ ピークホールド(サンプリング10ms、400Aレンジ固定)機能搭載で起動電流などの測定も可能
■ オートパワーオフ(約15分)機能付き (解除可能)
■ バックライト
■安全規格 IEC61010 CAT.Ⅲ300Vを採用

さらに、すぐに使えるフルオートレンジを採用し、きちんとクランプができたか確認できる目印を付けるなどきめ細かい設計となっている。

 

フルーク・ネットワークス クラウドで複数プロジェクトを同時に管理できるLAN配線認証用テスター  DSX-5000エンハンスド版

2015 年 3 月 11 日 水曜日

手元にあるスマホやタブレットから作業の進捗状況がリアルタイムで確認でき機器の紛失や故障による障害回避ができる新機能を搭載!

DSX-5000エンハンスド版
テスターからネットワーク管理まで幅広いネットワーク関連製品を提供する米フルーク・ネットワークスの日本法人である株式会社TFFフルーク社(東京都港区、代表取締役: ホワン・イー・ジェイ、資本金:1億円、以下フルーク・ネットワークス)は、クラウド環境を用いて、複数プロジェクトを同時に管理でき、従来の作業時間や手間を大幅に削減できる、LAN配線認証※1用テスター「DSX-5000エンハンスド版」を、2月27日より提供開始いたします。

「DSX-5000エンハンスド版」は、全世界で4万台以上※2発売し、世界中のケーブル敷設現場で高い評価をいただいている、業界標準ともいえるケーブル配線認証用アナライザー「DTX-1800シリーズ」の後継機種「DSX-5000シリーズ」の新製品として、クラウド環境を用いて複数のプロジェクトを同時に管理できるLinkWare Live(リンクウェア・ライブ)機能を搭載したもので、試験の高速性と複雑な認証プロセスの管理をスマートフォン感覚のタッチパネル操作で実現しています。カテゴリー6A(Cat 6A) ※3において、試験時間10秒という従来の高速な試験スピードとともに、新搭載されたLinkWare Live機能を使った遠隔におけるジョブの可視化、および効率的で優れたプロジェクト管理能力により、グループ作業における管理やテスト結果の検証等、従来のテスト作業時間や手間を格段に削減できます。現場の技術者ばかりでなく、特に遠隔地にいるグループマネージャや管理担当者にとって、リアルタイムでの各テストの管理ができる他、テスト結果の紛失等を未然に防ぐことのできるクラウド環境を利用したLinkWare Live機能の搭載は、個々のワークフローの管理とともに、グループ作業のテスト結果の管理等、すべての作業の自由度が増し、タイムマネージメントとともに、より強固なセキュリティ管理も実現します。
DSX-5000エンハンスド版_事例画像2_タブレット

また、Taptive(タップティブ)ユーザー・インターフェース機能によって、スマホ感覚のタッチパネル操作で障害原因等のグラフィカル表示を可能にし、ProjX(プロジェックス)管理機能による、複雑化したすべての試験の一元化等、コストと時間の制限を絶えず受けている現場技術者にとっての、必須機能が搭載されています。

さらに、「OTDRモジュール」(別売りオプション品)を「DSX-5000エンハンスド版」に装着することで、SM/MM※4両用のOTDR(光パルス試験器)※5に能力アップできるため、あらゆる現場施工者が扱えるコンパクトな OTDR としても使用できます。このように、本製品は、ケーブル配線敷設業者やネットワーク構築業者、LAN保守管理業者、ネットワーク・サービス・プロバイダーやデータセンター等、現場技術者にとって最も望まれる、認証試験時間やコストの低減化をもたらし、さらにグループ作業の効率化やセキュリティを強固にするものとして大きな期待が寄せられています。

「DSX-5000エンハンスド版」の価格は175万円~(キャンペーン価格 155万円~トレードアップの場合:2015年1月~4月30日)(税別)。
「OTDRモジュール」(別売りオプション品)の価格は 86万円~ (税別)。「DSX-5000エンハンスド版」の初年度売上目標台数は、
1,000台をめざしております。
※1)認証とは、配線がISO/TIA/JIS等の標準規格に適合していることをレポートして、保証することをいう。
※2)当社調査による。
※3)10ギガ対応配線測定で必要とされる、TIA(米国電気通信工業会)規格のケーブル認証試験。
※4)SM/MM:光ファイバーには大きく分けて「シングルモード(SM)型」と「マルチモード(MM)型」の2種類があり、一般にSMは長距離・高速用に、MMはLANなどの近距離・低速用に使われる。
※5)OTDR(Optical Time-Domain Reflectometer):光ファイバー・ケーブルにおいて、融着接合と光ファイバー・コネクタの位置と損失をテストする測定機器。光パルス試験機とも呼ぶ。

■いつでも、どこでも都合の良い時にテスト結果とプロジェクトの進捗状況を表示・確認!
ますます複雑・多様化するケーブル配線認証試験作業の安全性と効率化を実現した強力な認証試験サポート・ツール!
今日のIT現場のトレンドとなっている、仮想化、クラウド、Wi-Fi、BYOD※6といったITのインフラ環境の進歩とコンパクト化した端末の普及による高速化とトラフィックの増大により、ケーブル配線認証試験作業は、ますます高度・複雑・多様化しています。そして、この環境を実際に支えるネットワーク技術は、重要かつ基盤的な役割を果たす物理レイヤーである配線インフラに依存し、それをサポートする配線敷設業者やネットワーク管理者には、複数の配線インフラ(メタル、光ファイバー、ワイヤレス)や多様な業界配線標準(TIA、
ISO等)や、様々な機器やレポート用ツール、測定パラメーターを扱うことが求められています。そして、コスト重視のため、複数のプロジェクトが併行して進められるとともに、グループ作業も増えていきます。
「DSX-5000エンハンスド版」は、クラウド環境を利用したLinkWare Live機能の搭載により、いつでも、どこでも、都合の良い時に外からテスト結果とプロジェクトの進捗状況が確認できます。こうしたグループ作業における効率化や安全性の向上は、現場の課題解決に役立ち、単なる試験およびトラブルシューティングの範囲に留まることなく、認証試験サイクル全体に対応するまったく新しいアーキテクチャー「Versiv(バーシブ)」 プラットフォームの下に作られています。配線敷設業者が今日の複雑な認証試験環境に適応しながら、収益性を脅かしかねない間違いや複雑性を排除するのに大いに役立ち、SLA※7がより求められる昨今において、その先進
性が大いに期待されています。
※6)BYOD(Bring Your Own Device): 個人所有の携帯情報端末等を会社内外で仕事用に使用すること。
※7)SLA( Service Level Agreement ): サービス品質保証。通信サービス事業者が利用者に対して、サービス品質を保証する制度。

【「DSX-5000エンハンスド版」の主な特長】
◆クラウド環境を用いて複数のプロジェクトを同時に管理できる「LinkWare Live(リンクウェア・ライブ)機能」
●スマート・デバイスから作業の進捗状況のリアルタイムでの確認機能を提供します。
●ブラウザー・ベースの容易な操作により、テスト結果の合否状態を評価します。
●試験結果の便利な管理機能:
・テスト結果を簡単に「LinkWare」管理ソフトウェアに転送可能です。
・リモート・サイトにある多数のテスターの複数のプロジェクトの試験結果を収集・統合ができます。
・ブラウザーを使った容易な合格/不合格判定状況の素早い評価ができます。
・リアルタイムで、結果データの確認ができます。
◆スマホ感覚でタッチパネル操作ができる「Taptive (タップティブ)ユーザー・インターフェース機能」
●誰でも簡単に使える、スマートフォン感覚のタッチパネル操作。
●ワークフローの切り替えが可能となり、複数のプロジェクトを容易に管理できます。
◆容易な作業と効率的な配線認証管理ができる「ProjX(プロジェックス)管理機能」:
・簡単なセットアップを可能にして、リミット値の間違いを最少化し、複数プロジェクト管理を効率化できます。
・試験に先行して、プロジェクト要件を容易に定義できます。
・違う場所で、違う作業、違う顧客に関する新たなプロジェクトが作成可能です。
●「DSX OTDRモジュール」(別売りオプション品)の装着で、「DSX-5000エンハンスド版」をSM/MM両用のOTDR(光パルス試験器)に能力アップすることができます。

株式会社TFF フルーク社
フルーク・ネットワークス
http://jp.flukenetworks.com/

電材市場バナー 小 電材市場はリンクフリーです。
リンクの際は上のバナー
をご利用ください。

ホーム | 会社案内 | お問い合わせ | ショップの登録 | 広告について | サイトマップ


Copyright © 電材市場. All Rights Reserved.
無断での複製・転用はこれを禁止します。


無料アクセス解析