‘光ファイバ’ カテゴリーのアーカイブ

岡野電線 繰り返し曲げに耐えられる光ファイバケーブル

2013 年 12 月 4 日 水曜日

岡野電線 可動用光ファイバケーブルの開発に成功

~産業用ロボットカメラへの搭載に最適~

岡野電線 繰り返し曲げに耐えられる光ファイバケーブル古河電工グループの岡野電線株式会社(本社:神奈川県大和市深見西一丁目5番28号、社長 上倉康弘)は、繰り返し曲げに耐えられる光ファイバケーブルを業界で初めて開発しました。

ケーブル外被は、難燃性を有しており、細くて軽く可とう性にも優れており、各種産業用ロボット等の画像伝送用途に適しています。

<概要>
従来、CCDセンサを用いた産業用カメラは、銅製のカメラリンクケ-ブルによる伝送が主流ですが、外部ノイズの遮蔽や高速性、伝送距離、伝送帯域に限界が有りました。

この改善にデジタル伝送が可能なCMOSセンサが開発され、石英ガラスを使用した光ファイバケーブルとの組み合わせにより、6Gbpsで100mという驚異的なレベルでの伝送が可能となっています。

こうした中、石英ガラスを用いた光ファイバケーブルは、一般的に、屈曲後すぐにロス増を発することがあり、長期の耐久性に問題がありました。

今回開発に成功した可動用光ファイバケーブルは、被覆材料や内部構造を工夫することで、1,500万回以上の折曲げ試験に合格しており(試験継続中)、高い信頼性と難燃性、可動性が求められる産業用ロボット、マウンタ用伝送装置等に最適な設計となっています。

<仕様>
ファイバ種類:SM(R15)、GI(50/125)
ファイバ心数:2心
仕上がり外形:6.0mm
概算質量:36g/m

本製品は本年12月4日から6日まで開催される国際画像機器展2013にて、株式会社アイジュール様のブースに参考出展いたします。国際画像機器展2013の詳細については、ウェブサイト(http://www.adcom-media.co.jp/ite/)をご覧ください。

電材市場バナー 小 電材市場はリンクフリーです。
リンクの際は上のバナー
をご利用ください。

ホーム | 会社案内 | お問い合わせ | ショップの登録 | 広告について | サイトマップ


Copyright © 電材市場. All Rights Reserved.
無断での複製・転用はこれを禁止します。


無料アクセス解析