‘遮断器’ カテゴリーのアーカイブ

富士電機機器制御 サーキットプロテクタ CP30F シリーズ

2015 年 10 月 20 日 火曜日
富士電機機器制御 CP30F シリーズ
国内外規格に適合したサーキットプロテクタ CP-F シリーズをフルモデルチェンジした端子カバー不要でフィンガープロテクション (IP20 相当)構造です。
製品特長
1)
端子カバー不要のフィンガープロテクション構造を採用。端子カバー無しでIP20相当の保護構造を実現しました。
2)
従来同等品と比べ、端子カバー付のL寸法を-19.6㎜縮小し、盤内占有スペースの削減に貢献いたします。
3)
端子ネジにねじアップ方式を採用し、ねじ脱落防止や配線作業性に配慮いたしました。
4)
端子配列の見直しにより、主回路・補助回路どちらからでも配線が可能になりました。
これにより、補助回路を接続したままでも主回路の増し締めが可能となります。
5)
埋込アダプタや硫化ガス対策品など、お客様の使い勝手に配慮した付属品・仕様を充実いたしました。
6)
主要国内外規格(IEC、CE、CCC、TUV、KC、UL、JIS、PSE)に標準で対応いた。
使用例
各種制御盤の制御回路及び機器の保護
製品仕様
外部リンク 富士電機機器制御 CP30F シリーズ PDF
http://www.fujielectric.co.jp/fcs/pdf/new/2015/A15002.pdf

富士電機機器制御 小型で安全なオートブレーカー・漏電遮断器

2013 年 2 月 8 日 金曜日

オートブレーカ・漏電遮断器「G-TWIN Λ(ラムダ)シリーズ」の発売について

富士電機機器制御 オートブレーカ・漏電遮断器「G-TWIN Λ(ラムダ)シリーズ」富士電機機器制御株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:伊藤文夫)は、オートブレーカ(配線用遮断器)・漏電遮断器「G-TWIN Λ(ラムダ)シリーズ」を発売しますので、お知らせいたします。

1.狙い

オートブレーカや漏電遮断器に代表される低圧遮断器は、過電流や漏電などの電気事故から設備や人体を保護するため、さまざまな機械や設備に使用されています。

工作機械や半導体製造装置など工場の生産設備は年々高機能化が進み、電気回路が増加している一方、さらなる小型化が求められています。当社は今回、こうした要望に応えるべく、コンパクト設計を追求すると同時に、高性能を実現した新製品を開発しました。

小型化ニーズの高い日系メーカーを中心に、国内外のお客様に拡販していきます。

2.製品の特長

(1)設備の小型化に寄与
業界トップクラスのコンパクトサイズ(当社従来比28%)で設備の小型化に寄与
(3極品:横幅75mm→54mm)

(2)安全性を向上
遮断容量を当社従来比1.5倍に高め安全性を向上
(200V系:低遮断容量品5.0kA→7.5kA、高遮断容量品10kA→15kA)

(3)回路設計に貢献
本体を小型化しながら従来機種と同等の付属装置(動作状態を出力する補助スイッチ、警報スイッチなど)の内装化を可能とし制御盤の回路設計に貢献

(4)世界の主要規格に標準対応
IS、IEC、CCC※、ULに適合
※2013年4月取得予定

4.発売開始時期
即日

5.お客様問い合わせ窓口
富士電機機器制御株式会社
管理本部 事業統括部 業務部
tel:03-5847-8060

以上

三菱電機、電力・鉄道会社の変電所など向け大電流遮断器2機種

2012 年 12 月 19 日 水曜日

環境負荷を低減し、保守作業を効率化 三菱タンク形真空遮断器発売開始のお知らせ

三菱タンク形真空遮断器 三菱電機株式会社は、電力会社や鉄道会社の変電所などに設置される大電流遮断器の新製品として、低圧(※1)ドライエア(乾燥空気)絶縁と固体絶縁を併用した複合絶縁技術により、環境負荷低減と保守点検作業の効率化を実現する「タンク形真空遮断器」2機種を2013年1月に発売します。
※1:低ガス圧力(低圧)とは、最高使用ガス圧力0.2MPa(メガパスカル)未満。1気圧≒0.1013MPa

■新製品の特長
1.ドライエア絶縁を併用した複合絶縁により、環境負荷低減を実現
・SF6ガス(六フッ化硫黄ガス)(※2)使用ゼロにより、温室効果ガス管理が不要
・低圧のドライエアを封入しているため、万一の圧力低下時も耐開閉サージ性能を維持
※2:SF6ガスとは、電気絶縁性能・消弧性能に優れた絶縁媒体。温室効果ガスとして排出規制対象に指定されており、法令に基づく排出量削減の努力を継続するとともに厳格な管理の下で使用される

2.ドライエア絶縁と電磁操作方式採用により、保守作業の効率化と長寿命化を実現
・SF6ガスを使用したガス絶縁遮断器と比べ、タンク開放点検の頻度と時間が半分以下に
・電磁操作方式の採用により、ばね式操作では不可欠の注油と損耗部品の交換を不要とするなど保守作業を軽減
・損耗部品をなくしたことにより長寿命化を実現(真空バルブ(※3)は設置場所での交換が可能)
※3:真空バルブとは、高真空を維持した絶縁容器内で接点を開くことにより、大電流を瞬時に遮断するもの

■発売の狙い
電力会社や鉄道会社などの変電所に設置され、落雷事故時などに瞬時に電力系統を遮断する遮断器においては、近年、保守・点検作業の省力化、機器の長寿命化の要求が高まっています。
当社は、密閉形複合絶縁スイッチギヤで実用化しているドライエア絶縁と固体絶縁との複合絶縁技術や、電磁操作方式の採用などにより、今回、環境負荷低減に加えて保守作業の軽減と長寿命化を実現した、定格電圧24kVから84kVまでのタンク形真空遮断器を製品化しました。

■製作担当工場
三菱電機株式会社 受配電システム製作所
香川県丸亀市蓬莱町8番地
TEL(0877)24-2611 FAX(0877)24-8103

■お客様からのお問い合わせ先
三菱電機株式会社
電力事業部 TEL(03)3218-9717 FAX(03)3218-2761
交通事業部 TEL(03)3218-1293 FAX(03)3218-2641

電材市場バナー 小 電材市場はリンクフリーです。
リンクの際は上のバナー
をご利用ください。

ホーム | 会社案内 | お問い合わせ | ショップの登録 | 広告について | サイトマップ


Copyright © 電材市場. All Rights Reserved.
無断での複製・転用はこれを禁止します。


無料アクセス解析