‘関連機器’ カテゴリーのアーカイブ

三菱電機 次期シーケンサ「MELSEC iQ-Rシリーズ」

2013 年 10 月 30 日 水曜日

グローバル競争力をさらに強化。三菱電機 次期シーケンサ「MELSEC iQ-Rシリーズ」を開発

三菱電機 次期シーケンサ「MELSEC iQ-Rシリーズ」三菱電機株式会社 は、機械装置を制御するシーケンサ(プログラマブルコントローラ)において次期「MELSEC iQ-Rシリーズ」を開発しました。新シリーズでは、製造 業におけるTCO(Total Cost of Ownership)削減とセキュリティー強化を実現します。本製品は、「システムコントロールフェア 2013(SCF2013)」(11月6日~8日、於:東京ビッグサイト)に出展します。

<開発の背景>
製造業においては、グローバル競争に打ち勝つために、製造設備や装置の生産性・製造品質の向上、開発・保守コストの削減が求められています。また、技術(ノウハウ)流出のリスク低減に向けたセキュリティー強化が重要となっています。
今回、製造業のTCO削減と技術的流出リスク低減により、グローバル競争力向上を実現する次期シーケンサを開発しました。

<開発の特長>
1.システム性能と操作性の向上により、TCOを削減
・高速システムバスの開発により、シーケンサシステムの約40倍(※1)の処理能力や速度を実現
・次期エンジニアリング環境において、ソフトウェアを構造化する「構造化プログラム」の操作性向上により開発工数を削減
・シーケンサ内部にある生産・情報データや操作履歴の自動保存により、トラブル時のメンテナンス工数を削減
※1:現行のMELSEC-Qシリーズとの比較

2.高い互換性による既存資産の継承により、TCOを削減
・現行のMELSEC-Qシリーズのプログラムの流用が可能
・現行のMELSEC-Qシリーズの入出力ユニットや端子台などの活用が可能

3.技術的流出リスク低減と製造品質向上を実現
・「セキュリティーキー認証機能」により、お客様のプログラム資産流出を防止
・ネットワークで接続されたシーケンサを同期して動作させることにより、制御周期のばらつきを抑制し、安定した製造品質を実現

<今後の予定>
実用化に向け、さらなる開発・評価を進め、「MELSEC iQ-Rシリーズ」として2014年6月に発売の予定

<特長の詳細>
1.システム性能と操作性の向上により、TCOを削減
・新開発の高速システムバスは、現行MELSEC-Qシリーズの約40倍のスループットを実現
・ローカルデバイス、ラベル、FB(※2)などプログラムを構造化するための機能の使い勝手を向上
・「次期エンジニアリング環境(GX Works3)」と組合せ、プログラム開発工数を削減
・システム異常など任意のタイミングでシーケンサの内部データをSDカードに自動保存するメモリダンプ機能や、プログラム更新やRUN/STOP操作などシーケンサへの操作をCPUユニットに自動保存する操作履歴機能により、トラブル時のメンテナンス工数を削減
※2:FB(Function Block)とは、シーケンサのプログラム内で繰返し使用する回路を部品化したもの

2.高い互換性による既存資産の継承により、TCOを削減
・既存MELSEC-Qシリーズで作成したプログラムを流用できるため、お客様が蓄積してきたソフトウェア資産を有効活用することで、設計工数の短縮が可能
・既存MELSEC-Qシリーズの各種インテリジェント機能ユニット、I/Oユニットや端子台が使用でき、お客様の設備/装置のスムーズなリニューアルが可能
・既存MELSEC-Qシリーズのネットワークユニットが使用でき、お客様のネットワーク環境を継承することが可能

3.技術的流出リスク低減と製造品質向上を実現
・お客様のプログラム資産流出を防止する「セキュリティーキー認証機能」や、外部からの不正アクセスを防ぐIPフィルタ機能を搭載
・CC-Link IEフィールドネットワークで接続された次期シーケンサユニット(CPUユニット、I/Oユニット、インテリジェント機能ユニット、ネットワークユニット)全体が同期して動作できるため、制御のばらつきを抑制でき、安定した製造品質を実現

<特許>
国内 47件、海外 31件 出願済

<開発担当>
三菱電機株式会社 名古屋製作所
〒461-8670 愛知県名古屋市東区矢田南五丁目1番14号
TEL 052-721-2111(代表) FAX 052-719-1155

<お客様からのお問い合わせ先>
三菱電機株式会社 機器計画部
〒100-8310 東京都千代田区丸の内二丁目7番3号
TEL 03-3218-6610 FAX 03-3218-6823

横河電機 パネル取り付け型ペーパレスレコーダ「GXシリーズ」

2012 年 11 月 5 日 月曜日

ペーパレスレコーダ「GXシリーズ」「GPシリーズ」発売

横河電機 パネル取り付け型ペーパレスレコーダ「GXシリーズ」
横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市、社長:海堀周造)は、これまでにない優れた操作性と拡張性を実現した次世代のデータ収集制御システム 「SMARTDAC+(TM)」(スマートダックプラス)を開発、第1弾としてパネル取り付け型ペーパレスレコーダ「GXシリーズ」2機種、ポータブル型 ペーパレスレコーダ「GPシリーズ」2機種を発売しますのでお知らせします。発売日は、GXシリーズ「GX20」が10月31日、同シリーズ 「GX10」、GPシリーズ「GP20」「GP10」が1月下旬です。
当社は、この製品を2012年10月31日(水)から11月2日(金)まで大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で開催される計測展2012 OSAKAに出品します。

■開発の背景
レコーダ(記録計)は、さまざまな産業の生産現場や開発現場等において、温度、電圧、電流、流量、圧力などのデータの収集・表示・記録に使用される機器 で、当社が世界トップクラスのシェアをもつ製品の一つです。かつては記録紙にデータを記録する方式が主流でしたが、近年では、電子媒体にデータを記録する ペーパレスレコーダが主流になりつつあります。また、ネットワーク化が進み、広域に分散したレコーダのデータを一元管理したり、遠隔監視したりできるよう になってきています。
昨今、タブレット端末やスマートフォンなどの情報端末のユーザインタフェースが格段に進歩しており、レコーダなどの工業計 器にも操作性の向上が求められています。さらに、レコーダにおいては、測定対象の変化に対応できるモジュール形式の採用や、ネットワークへの接続性向上の ニーズが高まっています。
「SMARTDAC+(TM)」ペーパレスレコーダ「GXシリーズ」「GPシリーズ」は、このようなニーズに対応し、 携帯情報端末のような優れた操作性、システム構築の柔軟性と拡張性を備えた、レコーダの新ラインアップです。まず第1弾として、パネル取り付け型のペーパ レスレコーダ「GXシリーズ」と、ポータブル型のペーパレスレコーダ「GPシリーズ」を開発、発売します。

■新製品「GXシリーズ」「GPシリーズ」の特長
1.直感的な操作を実現
タッチパネルの採用により、タブレット端末やスマートフォンのような感覚で操作を行えます。記録紙を引き出すような感覚で波形をスライドさせ過去デー タを表示させたり、データを読み取りたい箇所にスケールを移動させデジタル値を表示させたりすることが可能です。また、2点同時タッチにより拡大や縮小も 行えます。タッチパネルには抵抗膜式を採用していますので、手袋をしたままでの操作も可能です。

2.柔軟性・拡張性に富んだシステム構築が可能
入出力をモジュール形式で選択でき、測定対象に応じて柔軟にシステムを構築、変更できます。大型ディスプレイの「GX20」「GP20」では最大10 モジュール100チャネル、小型ディスプレイの「GX10」「GP10」では最大3モジュール30チャネルまでの入出力が可能です。

3.オープンなネットワークに対応
世界で普及しているLANの技術規格であるEthernetに対応し、汎用のWebブラウザであるInternet Explorerでモニタリング やレコーダの設定を行えるほか、FTP(※1)への対応によりファイルサーバを用いてデータを一元管理することが可能です。また、Modbus(※2)に も対応しておりModbus対応機器とデータ通信を行えます。
さらに、表示されているデータをスナップショット画像としてプリンタで直接印刷する機能や、レポートを指定したフォーマットに従ってPDFで出力できる機能も装備しました。

※1 FTP(File Transfer Protocol)
Ethernet経由でファイル転送を行うための通信プロトコル。

※2 Modbus
Ethernetなどで産業用電子機器を接続する通信プロトコル。米国Modicon社が策定。

■主な市場
・GXシリーズ:鉄鋼、石油化学、化学、紙パルプ、食品、薬品、上下水道、電気・電子をはじめとする幅広い産業の生産現場
・GPシリーズ:家電、自動車、半導体、新エネルギーをはじめとする幅広い産業の開発部門、大学及び研究機関

■用途
温度、電圧、電流、流量、圧力などのデータの収集・表示・記録

■販売目標(海外販売分を含む)
・2012年度 5,000台
・2013年度 20,000台

■今後の取り組み
データ収集制御システム「SMARTDAC+(TM)」は、SMART Data Acquisition and Controlの略です。このたび発 売するペーパレスレコーダ「GXシリーズ」「GPシリーズ」に加え、今後、新たなシリーズや、多彩な信号源に対応した各種入力モジュール、制御用出力モ ジュールなどを提供し、製造プロセス監視や性能評価試験といったデータ収集制御アプリケーションを幅広くサポートします。
レコーダ市場は、今後も、ペーパレスレコーダを中心に拡大していくと予想されています。当社は「SMARTDAC+(TM)」のラインアップを充実させ、レコーダ市場のトップメーカとしてお客様の多様なニーズにお応えしていきます。

※本文中に使われている会社名及び商品名称は、各社の登録商標または商標です。
以上

■関連ページ
>データ収集制御システム「SMARTDAC+(TM)」
http://www.smartdacplus.jp/

■本件に関するお問い合わせ
「製品に関するお問い合わせ・資料請求先」
>横河電機株式会社 IAプラットフォーム事業本部 ネットワークソリューション事業部 PMK部
http://www.yokogawa.co.jp/ns/ss/ns-cs-ja.htm

三菱電機、簡易旋盤や普及型工作機械向け数値制御装置

2012 年 10 月 30 日 火曜日

三菱電機株式会社は、数値制御装置(CNC)の新製品として、上位機種の性能と操作性を継承した、簡易旋盤や普及型工作機械向け「E70シリーズ」を12月3日から発売します。
本製品は11月1日~6日に東京ビッグサイトで開催される日本国際工作機械見本市「JIMTOF2012」に出展します。

三菱数値制御装置「E70シリーズ」

■新製品の特長

1.使いやすい操作画面と簡易立ち上げ機能により作業負担を軽減
・上位機種のM700VシリーズやM70Vシリーズの見やすく使いやすい操作画面を継承し、簡易旋盤や普及型工作機械で求められる機能を標準搭載
・豊富なサポートツールによりCNCの立ち上げに必要なパラメータ設定を簡易化し、セットアップ時間を短縮
・上位機種の取り付け・配線方法を継承し、機械設計や組み立て作業も容易に
・Ethernet(※1)I/Fの実装によりパーソナルコンピュータとの接続ができるので、設定パラメータやラダー言語などのデータ入出力が容易
※1:Ethernetは、米国およびその他の国におけるゼロックス社の登録商標

2.最小1ナノメートルの位置制御演算により高精度加工を実現
・最小制御単位を1ナノメートル(※2)にすることにより、高精度加工を実現
・アナログ方式の簡易旋盤の主軸インバーターの制御が可能
※2:最小指令単位は0.1マイクロメートル。最小制御単位とはCNC内部での数値演算単位

■発売の概要

製品名:三菱CNC E70シリーズ
主な仕様:最大6軸 同時制御軸数3軸
価格:個別見積りによる
発売日:12月3日
生産台数:月産3,000台

■発売の狙い

自動車や電子機器などの構成部品の微細化に対応し、加工する工作機械には高い精度と生産性が要求されており、それらを制御するCNCには高精度に加えて高い演算性能や機能性・操作性の向上が求められています。
また、生産拠点のグローバル化により工作機械の需要が世界的に拡大し、自動化へのニーズを背景に中国・台湾・韓国、さらにはインド・ブラジルなどの新興国においても工作機械のNC搭載化率が上昇しています。
当社は今回、上位機種の機能を継承し、簡易旋盤や普及型工作機械の高速・高精度加工とタクトタイム短縮を支援するグローバルスタンダードモデル「E70シリーズ」を発売します。

■製作担当工場

三菱電機株式会社 名古屋製作所
〒461-8670 愛知県名古屋市東区矢田南五丁目1番14号
TEL 052-721-2111(代表) FAX 052-719-1155

■お客様からのお問い合わせ先

三菱電機株式会社 NC事業推進部
〒100-8310 東京都千代田区丸の内二丁目7番3号
TEL 03-3218-6570  FAX 03-3218-6822

パナソニック電工、太陽光発電パワーコンディショナー向けパワーリレー2製品

2009 年 2 月 28 日 土曜日

太陽光発電パワーコンディショナー向けパワーリレー2製品新発売
小型サイズで業界最高(※1)の高容量48Aを実現した「HEリレーPVタイプ」
従来比(※2)140%アップの高容量31Aを実現した 「LF-Gリレー高容量タイプ」

 パナソニック電工株式会社は、太陽光発電パワーコンディショナー向けのパワーリレー2製品を3月1日から発売します。
 当社では太陽光発電パワーコンディショナー向けとして、2008年に「LF-Gリレー」を発売。今回、小型サイズにて業界最高(※1)の高容量を実現したパワーリレー「HEリレーPVタイプ」と、従来比140%の高容量を実現した「LF-Gリレー高容量タイプ」を発売。グローバルで需要が拡大している太陽光発電向けにリレーの品揃えを強化します。
 両製品とも欧州における太陽光発電規格(VDE0126)に適合済み。コイル保持電圧を下げることにより機器の省エネ化に貢献。小型、高容量、省エネを実現し市場のご要望にお応えします。

■主な特長

(1)小型・高容量を実現
(2)欧州太陽光発電規格(VDE0126)に適合
(3)コイル保持電圧で使用することにより低消費電力化し機器の省エネに貢献

■お問い合わせ先
 パナソニック電工株式会社 制御機器本部 制御機器コールセンター
 TEL 0120-101-550


帝人ファイバー 屋外電気設備用除湿 ベルサニー(R)ドライ

2009 年 2 月 2 日 月曜日

結露防止!サビ防止!繰り返し使える!
シート状なので作業の邪魔にならない!
屋外電気設備に最適な除湿材の登場です!

この度、帝人ファイバー株式会社では、屋外電気設備(屋外キャビネット、キュービクルなど)に最適な除湿材『ベルサニー(R)ドライ』を開発しました。

■ベルサニー(R)ドライとは?

○ 高吸湿繊維「ベルアオシス(ポリアクリレート系繊維)」を用いた屋外キャビネット用除湿材

○ キャビネット内の湿度を下げ、結露防止効果、錆の防止効果が望めます。

○ 薄型でスペースを取らず、取りつけ容易

○ 乾燥域に数時間放置して頂く事で、効果復元。繰り返し使用できます。

■ベルサニー(R)ドライの特長

① 優れた吸湿量 90%RH下 80wt%(内部除湿シート性能)

② 優れた吸湿速度
吸湿速度に優れ、速やかに庫内湿度を低下させます。

③ 長期間使用可能
可逆性有。乾燥により再利用可。

④ 環境対応
吸湿による潮解無し。焼却時の有毒ガス無し。

⑤ 取付容易
備付けのフック、裏面粘着テープ利用。

■ベルサニー(R)ドライの内容

① 種別定番品として3種類が御座います。

ご使用環境、キャビネット容量、外気温度変化に応じて、お選び願います。

<種別>

■適用例

屋外電気設備全般
路上変圧器、高圧引込開閉器、配電ボックスetc

■その他

製品サイズは、ご要望に応じてご検討させて頂きます。
また、搭載量検討のお手伝いもさせて頂きますので、その際はお申し付け願います。

【 お問い合わせ先 】

ベルサニー(R)ドライに関するご質問やお問い合わせは下記までお願いいたします。

帝人ファイバー株式会社 短繊維事業部 担当/田垣内(たがいと)
TEL: 06-6268-2503 Eメール: r.tagaito@teijin.co.jp
〒541-8587 大阪市中央区南本町1丁目6番7号

電材市場バナー 小 電材市場はリンクフリーです。
リンクの際は上のバナー
をご利用ください。

ホーム | 会社案内 | お問い合わせ | ショップの登録 | 広告について | サイトマップ


Copyright © 電材市場. All Rights Reserved.
無断での複製・転用はこれを禁止します。


無料アクセス解析