2011年以降もアナログテレビを有効活用できるデジタルアナログヘッドエンド

マスプロ電工は,2011724日のアナログ放送終了後も,地上デジタル放送とアナログ放送(地上デジタル放送の信号をアナログ信号に変換)を同時に伝送できるデジタルアナログヘッドエンド8HEDAを発売します。

病院やホテル,学校,賃貸マンションなど,アナログテレビの設置台数が多い施設では,地上デジタルテレビへの一括切換えは多額の費用がかかるため負担となります。

本機は,現在使用しているアナログテレビも継続して使えるため,地上デジタルテレビへの段階的な切換えができ,また,市場にある同種の機器の中でも導入しやすい価格となっています。

2011年以降もまだ使えるアナログテレビを廃棄せず,有効活用できますから,環境問題(2011年問題)のひとつにあげられている,アナログテレビの廃棄を抑制でき,二酸化炭素の排出量および産業廃棄物などの軽減対策としても効果的です。

マスプロ電工では,地デジへの完全移行をサポートするため,「地デジをすべての人に届けたい」というコーポレートスローガンを掲げており,今後,デジタルアナログヘッドエンドを積極的に市場投入していきます。

開発の背景と意図

2011724日のアナログ放送終了まで,あと2年半となりました。地デジ完全移行に向け,アナログテレビの設置台数が多い施設では,地上デジタルテレビへの多額な買換え費用や廃棄による環境への影響など,様々な問題が浮上しています。現在,アナログ放送が終了する2011年以降,まだ使えるアナログテレビの大量廃棄を抑制することが大きな課題となっています。

そこで今回開発したのが,地上デジタル放送とアナログ放送(地上デジタル信号をアナログ変換)を同時伝送できるデジタルアナログヘッドエンド8HEDAです。地上デジタルテレビとアナログテレビの両方を使用できますから,アナログテレビを有効活用し,大量廃棄の抑制を図れます。

主な特長

最大8チャンネルまで伝送可能

本機は,地上デジタル放送の番組をアナログ放送に変換し,使用していないUHF帯(ch.1362)の空きチャンネルを利用て,最大8チャンネルまで伝送できます。

地上デジタルテレビにもアナログテレビにも対応

地上デジタル放送とアナログ放送(地上デジタル信号をアナログ変換)の両方を伝送しますから,地上デジタルテレビにもアナログテレビにも対応できます。

アナログ放送の画質の改善

地上デジタル信号をアナログ信号に変換していますから,ゴースト(二重映り)やノイズのないきれいな画像に改善できます。

マスプロ電工


【PR】

コメントは受け付けていません。

電材市場バナー 小 電材市場はリンクフリーです。
リンクの際は上のバナー
をご利用ください。

ホーム | 会社案内 | お問い合わせ | ショップの登録 | 広告について | サイトマップ


Copyright © 電材市場. All Rights Reserved.
無断での複製・転用はこれを禁止します。


無料アクセス解析