冨士電線 125℃耐熱LANケーブル

125℃耐熱LANケーブルの販売開始

冨士電線 125℃耐熱LANケーブル
冨士電線株式会社は、LANケーブルのラインナップ強化製品として、125℃耐熱LANケーブル「H12-TPCC 5(S)」を開発しました。

近年、LANケーブルは、オフィスビルのみでなく、病院や大型倉庫、工場等の様々な場所で使用されており、特に工場等では、過酷な環境下でも使用できるLANケーブルのニーズが高まっています。このような背景から過酷な高温環境下でも使用可能な「H12-TPCC 5(S)」を開発し、2018年8月より販売を開始します。

■新製品の特長

・ANSI/TIA-568-C.2で規定されているCategory 5e(Cat.5e)規格に対応(※1)

・絶縁体にフッ素樹脂(FEP)、外被に耐熱PVCを用いた125℃耐熱LANケーブル

・幅広い温度環境で使用可能(-20℃~+125℃)

・超細径・軽量タイプであり、可とう性に優れる

・28AWG(超細径)用のプラグ、ジャックが取付可能(※2)

・最大配線長40m

※1 挿入損失:TIA規格の1.7倍以下
※2 プラグ、ジャックは125℃耐熱仕様ではありません

LANケーブルの配線について規定した日本工業規格JIS X 5150:2016「構内情報配線システム」において、ケーブルの機械的、電気的劣化の無い温度範囲は、施工時:0~+50℃、動作時:-20~+60℃と規定されていますが、「H12-TPCC 5(S)」は、その規定の上限温度を大きく上回る+125℃まで使用可能であり、本製品を使用することでLANケーブルの利用範囲がますます広がります。

今後も当社は、LAN製品のラインナップ拡充に取り組んでまいります。

以上

【PR】

コメントは受け付けていません。

電材市場バナー 小 電材市場はリンクフリーです。
リンクの際は上のバナー
をご利用ください。

ホーム | 会社案内 | お問い合わせ | ショップの登録 | 広告について | サイトマップ


Copyright © 電材市場. All Rights Reserved.
無断での複製・転用はこれを禁止します。


無料アクセス解析