‘パワーコンディショナ’ タグのついている投稿

サンテックパワージャパン 産業用太陽光発電システムの新製品

2018 年 9 月 22 日 土曜日

サンテックパワージャパン

<発表内容のポイント>

・ハーフセル技術の採用により出力と変換効率が向上した単結晶太陽電池モジュール2製品を新発売
(標準モジュール310Wと大型モジュール370W)
・小規模産業用パワーコンディショナがバージョンアップし、モジュールの高出力化に対応

サンテックパワージャパン株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長 ガオ ジャン、以降サンテックパワージャパンと表記)は、新たに産業向け太陽電池モジュール2製品と、従来品よりバージョンアップした小規模産業用の屋外集中型パワーコンディショナを発売いたします。太陽電池モジュールは10月1日より受注開始予定、パワーコンディショナは、すでに受注を開始しております。

【ハーフセル太陽電池モジュール】

この度発売する産業向け太陽電池モジュールの新製品は、単結晶の標準モジュール310W(120セルタイプ)と大型モジュール370W(144セルタイプ)の2製品で、いずれもハーフセル技術を採用しております。また、業界最長水準の25年のモジュール出力保証と、12年のモジュール瑕疵保証が無償で提供されるため、長期間安心してご利用いただけます。

■ハーフセル太陽電池モジュールの特長
① モジュール出力の向上
特殊なセル設計により、電流が小さくなるため、配線部分での電力ロスを低減。モジュール化した際の損失を抑え、セルの個体差による影響を減少し、総合的な効率の向上が可能となります。

② マイクロクラックおよびホットスポットリスクの抑制
バスバーの細線化によりセルとバスバーとの間の残留応力が減少し、これにともない、セル内のマイクロクラック発生リスクが抑制されます。また、残留応力が減少するとセル・バスバー界面が剥離するリスクも減少しますので、結果として、ホットスポットの発生リスクが抑制されます。

【パワーコンディショナ】

新しい小規模産業用の屋外集中型パワーコンディショナは、従来品と比較して、より小規模産業用に特化した性能を向上させています。また、15年の製品瑕疵保証が無償で提供されます。

■小規模産業用パワーコンディショナの特長
① 今後のモジュール高出力化に対応
放熱部品にアルマイト処理をすることにより放熱性能が向上し、入力電流値拡大を実現。今後高出力化していくモジュールにも対応が可能になります。

② 小型軽量化
配線施工性を維持しつつ、設置面積・体積・重量を10%削減しています。

③ JET認証の新規格に対応

力率0.95時でも、定格出力5.5kWを実現しています。

④ 施工性向上
C型鋼を利用し、ボルト6本を固定する設置も可能となり、野立て用架台取付板(背板)が不要になった為、施工性の向上、コスト削減が期待できます。

再生可能エネルギーをめぐる情勢がパリ協定を境にめまぐるしく変化しているなか、RE100やSDGsへの取り組み拡大、また、昨今の異常気象などにより、再生可能エネルギーに対する関心は益々高まっております。サンテックパワージャパンでは、より性能の高い太陽光発電の開発において社会に貢献していくのはもちろんのこと、再エネ新時代に向けて太陽光発電を中心に、クリーンエネルギーのトータルソリューションプロバイダーを目指してまいります。

日立産機システム キュービクル一体型太陽光発電用パワーコンディショナーシステム250/500kW

2015 年 5 月 26 日 火曜日

キュービクル一体型太陽光発電用パワーコンディショナーシステム「BUY電ゲートウェイ(R)」250/500kWを発売しラインアップを強化

日立産機システム  キュービクル一体型太陽光発電用パワーコンディショナーシステム250/500kW 株式会社日立産機システム(取締役社長:青木優和/以下、日立産機)は、キュービクル一体型太陽光用パワーコンディショナーシステム「BUY電ゲートウェイ(R)」(*1)250、500kWを本日から発売します。

日立産機は、2012年4月から太陽光発電の再生可能エネルギー固定価格買取制度に対応した、パワーコンディショナーとキュービクル(昇圧アモルファス変 圧器)をワンパッケージ化した「BUY電ゲートウェイ(R)」を発売しています。自社一貫生産・保守・メンテナンスによるワンストップ対応、施工が簡単で 工期が短く、高効率で系統に連系できることを特長にご好評を得ています。
このたび、単機容量250kWのパワーコンディショナーを新規開発し、「BUY電ゲートウェイ(R)」250、500kWを製品化しました。これにより、ラインアップを強化しメガソーラにも適用しやすい製品となりました。
日立産機では、今後もアモルファス変圧器、パワーコンディショナーを核とした新エネルギーソリューション事業を拡大してまいります。

*1「BUY電ゲートウェイ(R)」は株式会社日立産機システムの登録商標です。(登録第5421224号)

■主な特長
[1]250、500kWの新ラインアップ(単機容量250kWのパワーコンディショナーを新規開発)
・自社一貫生産・保守・メンテナンスのワンストップ対応

[2]専用設計のアモルファス変圧器搭載
・夜間の待機損失を低減
・励磁突入電流を大幅に低減

[3]システムの施工性を向上
・直流入力電圧750V対応
・太陽電池モジュールの直列枚数増/並列数減で配線・接続を簡略化
・直流集電機能を内蔵(オプション)

[4]遠隔出力制御に標準対応(*2)

[5]塩害地にも設置可能な耐塩仕様をラインアップ(*3)

*2別途、遠隔制御ユニットをご用意いただく必要があります。
*3重塩害地域(海岸より飛散した海水が直接かかる地域)は除きます。
また、耐腐食を20年間保証するものではありません。

本製品は、5月27日(水)から5月29日(金)まで東京ビックサイトで開催される「JECA FAIR 2015(第63回 電設工業展)」に出展予定です。

日立産機システム 耐塩仕様のキュービクル一体型太陽光発電用パワーコンディショナ

2013 年 10 月 25 日 金曜日

キュービクル一体型太陽光発電用パワーコンディショナシステム「BUY電ゲートウェイ(R)」耐塩仕様を発売

日立産機システム 塩害仕様太陽光発電用パワーコンディショナ株式会社日立産機システム(取締役社長:青木優和/以下、日立産機)は、キュービクル一体型太陽光用パワーコンディショナシステム「BUY電ゲートウェイ(R)(*1)」の耐塩仕様を11月1日から発売します。

当社は「環境・省エネに貢献する日立産機システム」の事業コンセプトに基づき、太陽光発電システムへの取り組みを行い、2012年4月より太陽光発電の再 生可能エネルギー固定価格買取制度に対応したキュービクル一体型太陽光用パワーコンディショナシステム「BUY電ゲートウェイ(R)」を発売し、「安心、 手間いらず、高効率で系統に連系出来る」でご好評をいただいています。
一方、海岸沿いの倉庫や商業施設など、耐塩仕様のご要望も多数いただいており、このたび、塩害地域でも設置可能な耐塩仕様の「BUY電ゲートウェイ(R)」を製品化しました。
日立産機では、今後もパワーコンディショナを核とした新エネルギーソリューション事業を拡大してまいります。

*1:「BUY電ゲートウェイ(R)」は株式会社日立産機システムの登録商標です。(登録第5421224号)

日立産機システム 塩害仕様太陽光発電用パワーコンディショナ<主な特長>
(1)耐塩仕様
これまで環境的に設置が厳しかった塩害地域にも設置可能です。(*2)

(2)据え付け面積の省スペース化
「BUY電ゲートウェイ(R)」標準仕様(OPB-100 VCT付)との据付面積比でも129%の面積で耐塩仕様を実現。

(3)アモルファス変圧器搭載
「トップランナー変圧器2014」に対応。

(4)力率一定制御標準対応

*2:重塩害地域(海岸より飛散した海水が直接かかる地域)は除きます。

また、耐腐食を20年間保証するものではありません。
メーカ定期点検及び定期部品交換(別途有償)を推奨します。なお、設置から2年後は耐塩仕様の状態確認の為、メーカの定期点検(別途有償)を販売条件とさせていただきます。

シャープ 住宅用の定置型リチウムイオン蓄電池システム

2013 年 1 月 17 日 木曜日

満充放電を8000回繰り返しても初期の70%以上の容量を維持(※1) 住宅用 定置型リチウムイオン蓄電池システムを発売

シャープ  住宅用の定置型リチウムイオン蓄電池システシャープは、長期間使用しても劣化による電池容量の低下が少なく、非常時にも安心して使用できる住宅用 定置型リチウムイオン蓄電池システム2機種を発売します。

一般的に、リチウムイオン蓄電池は、充放電を繰り返すことで電池容量が低下する特性があります。本システムは、満充放電を8000回繰り返しても初期の70%以上の容量を維持(※1)する高性能リチウムイオン蓄電池セルを搭載し、長期間安定して運転できます。  本システムは、太陽光発電システム(※2)と連携し、停電時は夜間や雨天でも日中に充電した電力を使用することができます(※3)。
また、曇天時など発電量が消費電力量を下回る場合も、本システムが不足する電力を補うことで、過負荷による太陽光発電システムの運転停止を防ぐことができます。平常時は安価な深夜電力で充電し、割高な日中の買電量を抑える「経済性モード」を搭載し、電気代の節約が図れます。
さらに、電力見える化システム(HEMS)(※4)と連携し、HEMS専用タブレット端末(※4)を使って、蓄電池残量に応じた家電機器(※5)の使用可能時間を確認(※6)することができます。  当社は、太陽光発電システムによる「創エネ」と電力見える化システム(HEMS)(※4)による「省エネ」に、本システムによる「蓄エネ」を組み合わせ、快適なエコライフを提案してまいります。

品名:定置型リチウムイオン蓄電池システム
形名:JH-WB1201
公称容量:4.8kWh
希望小売価格:オープン
発売日:1月17日
月産台数:計250台

品名:定置型リチウムイオン蓄電池システム
形名:JH-WB1202
公称容量:2.4kWh
希望小売価格:オープン
発売日:1月17日
月産台数:計250台

<主な特長>
1.満充放電を8000回繰り返しても、初期の70%以上の容量を維持(※1)する蓄電池セルを搭載
2.太陽光発電システム(※2)と連携し、停電時でも安定して電力を供給
3.HEMS専用タブレット端末(※4)で、運転状況の表示や確認が可能
4.余剰電力買取価格は、太陽光発電システムのみを設置する場合と同額(42円/kWh)(※7)

※1 23℃で1C電流にて満充放電を行った場合に性能維持を確認した値で、保証値ではありません。また、充放電条件により異なります。(「C」は充放電係数であり、蓄電池を1時間で充電あるいは放電させる電流が1Cです)
※2 2008年発売以降の当社製住宅用パワーコンディショナを採用している太陽光発電システムと連携できます。
※3 停電時に使用したい機器は、専用配線(専用コンセント)に接続しておく必要があります。また、停電時は、本システムを自立運転モードに切り替える必要があり、AC100Vの家電機器のみ使用できます。自立運転時の最大出力は1.5kWです。
※4 HEMS(Home Energy Management System)。別売の<JH-RTP1/JH-RTP2>に限ります。
※5 <JH-RTP1/JH-RTP2>付属のタップ(JH-AP01/AP02/AP03)に接続された家電機器が対象です。タップは、ご家庭のコンセントに差し込むことで設置でき、各家電機器の消費電力データをHEMS専用タブレット端末に送信します。
※6 時間表示は計算上の“めやす”であり、動作を保証するものではありません。
※7 経済産業省が定める平成24年度(2012年7月~2013年3月)の余剰買取価格より引用しています。モデルケースであり、買取価格は電力会社ごとに異なります。その他制度の詳細などについては、経済産業省webサイトをご確認下さい。

電材市場バナー 小 電材市場はリンクフリーです。
リンクの際は上のバナー
をご利用ください。

ホーム | 会社案内 | お問い合わせ | ショップの登録 | 広告について | サイトマップ


Copyright © 電材市場. All Rights Reserved.
無断での複製・転用はこれを禁止します。


無料アクセス解析