‘地デジ’ タグのついている投稿

DXアンテナ 4K・8Kが測定できるレベルチェッカー + 信号発生器

2016 年 11 月 17 日 木曜日

2018年本放送開始前でも4K・8Kが測定できる レベルチェッカー + 信号発生器を同時新発売!

DXアンテナ レベルチェッカーDXアンテナ株式会社(兵庫県神戸市:代表取締役社長 米山實)は、2K・4K・8K放送に対応したレベルチェッカーLC60WSおよび4K・8K放送で使用される左旋衛星放送の基準信号を出力する信号発生器SG1WSを2016年11月20日に同時発売いたします。
2018年に実用放送が予定されている4K・8K放送では、これまで放送波として使われていなかったBS110度CS左旋円偏波が使用され、3224MHzまで拡張された衛星IF周波数で伝送されます。このため、従来のレベルチェッカーでは4K・8K放送の伝送帯域(2224MHz~3224MHz)を測定できませんでした。
今回発売するレベルチェッカー(LC60WS)は、従来のUHF放送、BS・110度CS(2K)放送、LTE帯域のレベル測定はもちろんのこと、前述の4K8K放送のIF帯域のレベルの測定も可能なモードを追加いたしました。また、同時発売する信号発生器(SG1WS)は、4K・8K実用放送開始前に、新築・改修物件で4K・8K受信システムを導入されるお客様に対して、受信システムの検証のための基準信号を発生させることができます。
さらに、両機を組み合わせて使用することで、信号発生器(SG1WS)から出力される全チャンネルの信号をレベルチェッカー(LC60WS)が自動的に追従して画面に一覧表示させる機能や、チャンネルごとに減衰量を画面表示して、システム系統内の診断を容易に行うことが可能となります。

DXアンテナ レベルチェッカ

<レベルチェッカーLC60WSの特長>
① 全チャンネルの信号レベルを自動測定・一覧表示が可能
同時発売の信号発生器(SG1WS) と組み合わせて使用することで、信号発生器から順に出力(スイープ)されるチャンネルの信号レベルをレベルチェッカー(LC60WS)が自動的に追従測定して、測定結果を画面に一覧表示します。

② 伝送路診断機能搭載(特許出願中)
同時発売の信号発生器(SG1WS)で4K・8Kの周波数帯(2224~3224MHz)の基準信号を発生させることで、受信システムの機器・同軸ケーブルの伝送損失を測定します。また、測定結果の表示により受信システムの検証を行うことができます。

③ 広帯域(3224MHz)測定に対応
当社従来品のレベルチェッカー(LC50W)の機能(地上デジタル放送、BS・110度CS右旋のレベルおよび信号品質測定)を継承し、さらにBS・110度CS左旋帯域(2224~3224MHz)のレベル測定が可能です。

④ レベルと信号品質が同時に測定可能(BS・110度CS左旋を除く)
レベルと信号品質が同時に測定表示できますので、切り換え作業がなく簡単に測定できます。

⑤ BS・110度CSアンテナやブースター内蔵アンテナに電源供給可能
レベルチェッカーLC60WSからBS・110度CSアンテナやブースター内蔵アンテナ用のDC15Vの電源供給ができます。

⑥ 音・表示による受信判定 レベルチェッカーは、受信レベルが適切なレベル
(望ましい受信レベル)になると音と画面表示(GOOD表示)でお知らせします。

⑦ 付属のmicroSDに測定データを保存
パソコン等の画面上でデータ確認や集計を行うことができます。

⑧ 楽々集計ソフト
「楽々集計ソフト」の使用により、現場で測定したデータから簡単に報告書を作成することができます。
<信号発生器SG1WSの特長>
① 衛星信号の任意のチャンネルに合わせて信号を送出
BS・110度CS右旋/左旋両偏波の全チャンネルの信号を任意で選択することができます。

② 出力レベルを1dBステップで設定可能
受信システムの規模に合わせて、50~100dBμVの間で可変設定ができます。

③ ブースターのコンバーター電源等の外部電源でも動作
電池寿命を気にすることなく連続使用が可能です。
希望小売価格
■レベルチェッカー LC60WS 希望小売価格:オープン価格
■信号発生器 SG1WS 希望小売価格:オープン価格
発売日 :平成28年11月20日(同時発売)

コンパクトボディに電源部を内蔵。一層のお手ごろ価格を実現した 地上デジチューナ

2009 年 3 月 3 日 火曜日

DXアンテナでは、使いやすさと設置工事の省力化を徹底追求し、コンパクトボディへの電源部の内蔵と、さらに一層のお手ごろ価格も実現した、EPG(電子番組表)にも対応する地上デジタルチューナのニューモデルを410日に新発売致します。

このチューナを用いることで従来型(アナログ放送用)のテレビ受像機をそのまま使って、地上デジタル放送番組がゴーストのないきれいな画像で楽しめます。

新発売機種

品 名 地上デジタルチューナ

品 番 DIR710

オープン価格(想定実売価格 10,000円前後

発 売 日 平成21年4月10日

販売目標 5,000台/月

この新製品は、3月~4月に全国9会場で開催する「春の新製品発表会・講習会」に出品いたします。

2011年7月(予定)のアナログ放送のサービス終了まで、あと約25ヶ月を残すのみとなりました。

薄型でデジタルハイビジョン対応タイプなど、新形テレビの導入が進められる一方で、デジタル非対応の、これまで使い慣れてきた従来型テレビ(アナログテレビ)でデジタル放送番組を見たい… とのニーズもひときわ拡大しつつあり、そこで威力を発揮するものとして外付けタイプのデジタルチューナへの注目度がグンと高まりを見せる中、コンパクトなお手ごろモデルとして新登場するのがDIR710です。

Dpa簡易地デジチューナー仕様適合の本機を従来型のテレビ(アナログ放送用)に接続することにより、地上デジタル放送の受信が可能となります(ハイビジョン番組をハイビジョン品質で見ることはできません)アナログテレビの継続使用・廃棄抑制にも大きな効果をもたらします。

コンパクトな本体に電源部を内蔵した便利なAC100V仕様で、設置工事の省力化も実現しました。分かり易いボタン配置、大型のリモコンボタンなど使い勝手を格段に向上させるシンプルなデザインで、ホテル、旅館などへの採用の際にも安心なB-CASカード盗難防止カバーを付属た親切仕様です。

便利な簡易EPG(24時間電子番組表)機能も備えたDIR710は、本体外形寸法が高さ40×175×奥行150㎜、質量約460gと、専門メーカーの製品ならではの高性能と高機能をコンパクトな本体に凝縮させた小形設計のため、狭いスペースなどでも使用場所に困りません。パーソナルユースの2台目、3台目などのアナログテレビでの地デジ受信用にも最適です。

さらに、電障施設内での個別アンテナ対策用地デジ改修工事後の、ホテル、病院、学校、大型店舗やビル・マンションなどでの受信用にも威力を発揮します。

DIR710の主な特長

  • Dpa簡易地デジチューナー仕様に適合。

  • 従来型のテレビ受像機でも、本機をつなぐことにより地上デジタル放送番組の受信を実現できます。アナログ停波後も、テレビの継続使用・廃棄抑制に役立ちます。

  • 便利な簡易EPG(24時間電子番組表)機能を搭載。

  • AC100V仕様(電源内蔵)で、設置工事を省力化。

  • ホテル、旅館での採用にも安心なBCASカード盗難防止カバーを付属。

  • 分かり易いボタン配置、大型のリモコンボタンなど、使い勝手を向上させるシンプルなデザイン。

  • 主要18社のテレビに対応するマルチリモコン。

  • 狭いスペースでも使用場所に困らない軽量・コンパクト設計。

DXアンテナ


エコなチューナー!低消費電力・RoHS対応 地上デジタルチューナー

2009 年 3 月 3 日 火曜日

マスプロ電工は,アナログテレビで地上デジタル放送が見られる一般向地上デジタルチューナーDT620を,2009430日から発売します。

DT620は, 2007年7月から発売を開始した地上デジタルチューナーDT610の後継機種です。消費電力(作動時)は,DT6109Wから60%ダウンの 3.6Wを実現し,特定有害物質の使用を制限したRoHS指令にも対応しています。また,機能や装備端子を最小限にスリム化し,コストパフォーマンスも向上しました。

マスプロ電工は,地デジへの完全移行をサポートするため,「地デジをすべての人に届けたい」というコーポレートスローガンを掲げており,今後,DT620を積極的に市場に投入し,地デジ普及を図っていきます

開発の背景と意図

2011724日アナログ放送終了まで,あと約2年半となりました。しかし,20091月時点の,デジタル放送対応受信機器の世帯普及率は,49%※1(推計で約2455万世帯)と,いまだ半数を下回っており,地上デジタル放送の普及拡大が急がれています。

マスプロ電工は,200310月から地上デジタル放送を受信できるチューナーを販売してまいりましたが,これまでに累計約29万台(200812月末現在),業界No.1※2のシェアで,安心の技術と品質の実績を作り上げてきました。この実績をもとにDT620は,少しでも多くの方に地上デジタル放送を楽しんでいただけるように,コストパフォーマンスを向上させ,また,昨今の環境問題を少しでも軽減するように,消費電力の少ない環境に配慮した地上デジタルチューナーDT620を開発しました。

1 総務省が20091月に実施した「デジタルテレビ放送に関する移行状況緊急調査」より

2200812月末現在の地上デジタル放送を受信できるデジタルチューナー出荷台数は,累計58万台。

JEITA調べ) 内,弊社製デジタルチューナーは,200310月から販売を開始し,200812月末までに累計29万台を出荷しています。

主な特長

消費電力(作動時)60%低減。だからeco

DT620は,作動時の消費電力が,従来機種(DT610)から60%低減し,同種製品では,最高クラスの3.6Wを実現していますから,地球環境にやさしく,経済的です。

RoHS指令に対応。だからeco

環境に配慮し,無鉛はんだの採用,カドミウム・水銀などの不使用により,EU(欧州連合)の特定有害物質使用規制(RoHS指令)に対応した製品です。

テレビ番組表(簡易EPG)

画面に一日(24時間)分のテレビ番組表を表示できますから,番組の選局が容易にできます。

画面拡大機能

標準テレビ(43)で地上デジタル放送を視聴した場合,番組によってはテレビ画面が小さな画面(額縁のように映像の周りが黒く縁取られた状態)になることがあります。DT620は,画面拡大機能を搭載していますから,標準テレビでも黒枠のないフル画面で地上デジタル放送を楽しめます。

ACアダプターなしで,コンセントもスッキリ

DT620は,コンパクトサイズながら,電源部を内蔵していますから, ACアダプターがありません。ACコンセントやACタップにもスッキリ接続できます。

付属品

●リモコン  ACコード(2.5m) 映像・音声コード(1.5m

●単4形乾電池(2本) B-CASカード  取扱説明書


2011年以降もアナログテレビを有効活用できるデジタルアナログヘッドエンド

2009 年 3 月 3 日 火曜日

マスプロ電工は,2011724日のアナログ放送終了後も,地上デジタル放送とアナログ放送(地上デジタル放送の信号をアナログ信号に変換)を同時に伝送できるデジタルアナログヘッドエンド8HEDAを発売します。

病院やホテル,学校,賃貸マンションなど,アナログテレビの設置台数が多い施設では,地上デジタルテレビへの一括切換えは多額の費用がかかるため負担となります。

本機は,現在使用しているアナログテレビも継続して使えるため,地上デジタルテレビへの段階的な切換えができ,また,市場にある同種の機器の中でも導入しやすい価格となっています。

2011年以降もまだ使えるアナログテレビを廃棄せず,有効活用できますから,環境問題(2011年問題)のひとつにあげられている,アナログテレビの廃棄を抑制でき,二酸化炭素の排出量および産業廃棄物などの軽減対策としても効果的です。

マスプロ電工では,地デジへの完全移行をサポートするため,「地デジをすべての人に届けたい」というコーポレートスローガンを掲げており,今後,デジタルアナログヘッドエンドを積極的に市場投入していきます。

開発の背景と意図

2011724日のアナログ放送終了まで,あと2年半となりました。地デジ完全移行に向け,アナログテレビの設置台数が多い施設では,地上デジタルテレビへの多額な買換え費用や廃棄による環境への影響など,様々な問題が浮上しています。現在,アナログ放送が終了する2011年以降,まだ使えるアナログテレビの大量廃棄を抑制することが大きな課題となっています。

そこで今回開発したのが,地上デジタル放送とアナログ放送(地上デジタル信号をアナログ変換)を同時伝送できるデジタルアナログヘッドエンド8HEDAです。地上デジタルテレビとアナログテレビの両方を使用できますから,アナログテレビを有効活用し,大量廃棄の抑制を図れます。

主な特長

最大8チャンネルまで伝送可能

本機は,地上デジタル放送の番組をアナログ放送に変換し,使用していないUHF帯(ch.1362)の空きチャンネルを利用て,最大8チャンネルまで伝送できます。

地上デジタルテレビにもアナログテレビにも対応

地上デジタル放送とアナログ放送(地上デジタル信号をアナログ変換)の両方を伝送しますから,地上デジタルテレビにもアナログテレビにも対応できます。

アナログ放送の画質の改善

地上デジタル信号をアナログ信号に変換していますから,ゴースト(二重映り)やノイズのないきれいな画像に改善できます。

マスプロ電工


小型地デジ対応の屋外(内)用分配器を新発売  マスプロ電工

2009 年 1 月 23 日 金曜日

大幅な小型化を実現,業界最小!※

地デジ対応の屋外(内)用分配器を新発売

IN-OUT(1端子)電流通過型と全端子電流通過型の全6機種をラインナップ

小型地デジ対応の屋外(内)用分配器

カタログ請求はこちら → カタログ請求フォーム

マスプロ電工は,当社従来品と比較し,大幅な小型化(容積比)を図った,

業界最小の屋外(内)用シールド型分配器6機種を1月下旬から順次発売します。
これらの分配器は,当社従来品の電子回路やハウジングを根本から見直し,大幅に小型化したものです。容積においては,従来品と比較し,2分配器で約半分,3,4分配器では約1/4となり,とくに取付けスペースに余裕のないマストや軒先(壁面)などに取付けやすくなりました。
総務省は,2011年のデジタル放送への移行を前に,現在,外来電波に強いシールド性能のよいテレビ受信機器の使用を推奨しています。これを受け,ハウジングの設計においては,F型端子部も含めて一体化し,シールド性能の向上に努めました。そのため,外来電波の影響を受けず,高画質映像のデジタル放送を楽しむことができます。また,(社)電子情報技術産業協会(JEITA)のDHマーク(デジタルハイビジョンマーク)を取得していますから,安心してデジタル放送がご覧いただけます。
今後,BSアナログ放送や地上アナログ放送が終了する2011年に向け,本格化する地上デジタル放送受信および,改修工事用の機器として,本器を市場に投入してまいります。

※2009年1月現在,マスプロ電工の調査による

IN-OUT(1端子)電流通過型

型式 希望小売価格(税込) 税別価格 月間販売予定数
2分配器 SP2CA ¥5,250 ¥5,000 6,000
3分配器 SP3CA ¥6,405 ¥6,100 2,000
4分配器 SP4CA ¥6,983 ¥6,650 2,000

全端子電流通過型

型式 希望小売価格(税込) 税別価格 月間販売予定数
2分配器 SP2CAD ¥5,828 ¥5,550 6,000
3分配器 SP3CAD ¥6,983 ¥6,650 2,000
4分配器 SP4CAD ¥7,875 ¥7,500 2,000

上記6機種には,それぞれ箱入とパック入とがあり,どちらも同じ価格です。

■開発の背景と意図

屋外用分配器は,アンテナのマストや壁面に取付けられます。特にマストの場合,アンテナ直下にブースター(信号増幅器)やミキサー(混合器)が取付けられるため,スペースに余裕はありません。
そのため,ここに設置する屋外用分配器については,製品の高さが低く,小さなものが求められていました。
今回発売する分配器は,電子回路が内蔵されるハウジングからプラスチックケースまで根本から設計を見直し,業界最小サイズとなりました。

■主な特長

●外来電波に強い,優れたシールド構造(特許出願中)

電子回路はF型端子とハウジングを一体化した亜鉛ダイカストケースに収納され,しっかり
シールドされていますから,携帯電話,PHS,航空監視レーダーなどからの外来電波による妨害を防ぐことができます。  ※2分配器で4割,3,4分配器で6割削減。

●環境に配慮した製品設計

プラスチック使用量大幅削減!
環境に配慮し,無鉛材料を使用。EU(欧州連合)の特定有害物質の使用制限指令(RoHS指令)に適合した製品です。また,小型化によるプラスチックなどの使用量削減により,廃棄物の発生を抑えた,環境に配慮した製品となっています。

●取付け容易

壁面に取付けるときは,本器を壁にあてがい,製品に付けてある2本のビスを締付けるだけ。またマスト取付金具の蝶ナットを緩めた状態で出荷していますから,マストに取付ける場合,
作業が楽になります。(従来品は,蝶ナットを締め付けた状態で出荷)

■付属品

防水キャップ,F型コネクター
P2CA,SP2CAD:各3個
SP3CA,SP3CAD:各4個
SP4CA,SP4CAD:各5個

お客様 お問合わせ先】

マスプロ電工株式会社
営業部 TEL(052)802-2244

〒470-0194 愛知県日進市浅田町上納80

インターネットホームページ www.maspro.co.jp


電材市場バナー 小 電材市場はリンクフリーです。
リンクの際は上のバナー
をご利用ください。

ホーム | 会社案内 | お問い合わせ | ショップの登録 | 広告について | サイトマップ


Copyright © 電材市場. All Rights Reserved.
無断での複製・転用はこれを禁止します。


無料アクセス解析