‘太陽電池’ タグのついている投稿

パナソニック 停電時も安心な家庭向け太陽電池・蓄電池・燃料電池連携システム

2013 年 9 月 12 日 木曜日

太陽電池・蓄電池・燃料電池の3種類の電池の連携で停電時の安心面を強化

パナソニック 家庭向け太陽電池・蓄電池・燃料電池連携システム停電時にエネファームも活用できる(※1)住宅用「創蓄連携システム」新発売
停電時、自動(※2)での電力供給も可能に

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、停電時でも太陽光発電システム(※3)や家庭用燃料電池「エネファーム」(以下エネファーム)(※4) と連携できる住宅用「創蓄連携システム」(「停電時 100/200V 出力タイプ」)を新開発。また、従来の「停電時 100V 出力タイプ」も含め、 停電時でも自動で電力供給する機能などを拡充しました。さらに、「耐塩害仕様タイプ(※5)」もラインアップし、2013年9月20日より受注を開始しま す。

東日本大震災以降、「もしも」に備える蓄電システムへの関心が高まる中、当社は停電時でも太陽光発電電力を有効活用できる住宅用「創蓄連携システム」を販売してきました。
こ のたび、停電時に、太陽光発電システムに加え、エネファームとも連携可能なシステムとして「停電時 100/200V 出力タイプ」を開発。停電時でも、 エネファームの発電電力を活用することで、より安定した電力供給を実現し、お湯の使用も可能となります。また、「停電時 100V 出力タイプ」も含め、 停電時には、あらかじめ設定しておいた機器に自動での電力供給も可能になりました。

本システムは、JET(一般財団法人 電気安全環境 研究所)が定める「複数直流入力システム用系統連系保護装置等の認証」を業界で初めて取得(※6)しているので、設備導入の際の手続きもスムーズです。ま た、平成23年度 経済産業省 定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金の対象商品(※7)として認定されています。

当社は、これからも、「もしも」に備える安心や環境負荷の軽減と快適な暮らしの両立の実現を目指し、蓄電池関連製品の普及促進を図っていきます。

<特長>
・(1)停電時もエネファームが運転でき、発電電力やお湯の使用が可能(停電時 100/200V出力タイプ)
・(2)太陽光発電電力を使いながら短時間で充電できるので、停電が長期にわたる場合でも安心
・(3)停電時には、あらかじめ設定しておいた機器(照明器具など)に自動で電力供給が可能

※1:連携できる創蓄連携システムは停電時 100/200V 出力タイプのみ。ガス・水道が停止している時はエネファームを使用できません
※2:UPS(無停電電源装置)ではありません
※3:パナソニック製住宅用太陽光発電システムのみに対応
※4:パナソニック製のみ。接続できる機種は、2013年11月以降受注開始品から。受注開始時期はガス事業者様で異なる場合があります
※5:塩害地域への設置が可能。ただし、海岸線より300m以内の地域あるいは海水飛沫および潮風に直接さらされる場所への設置はしないでください
※6:当社調べ(2013年8月23日取得)
※7:経済産業省 定置用リチウムイオン蓄電池導入促進対策事業費補助金を受けられた場合、法定耐用年数(6年間)以上の期間、本製品を継続して使用することが必要

電材市場バナー 小 電材市場はリンクフリーです。
リンクの際は上のバナー
をご利用ください。

ホーム | 会社案内 | お問い合わせ | ショップの登録 | 広告について | サイトマップ


Copyright © 電材市場. All Rights Reserved.
無断での複製・転用はこれを禁止します。


無料アクセス解析