‘産業用太陽光発電システム’ タグのついている投稿

サンテックパワージャパン 産業用太陽光発電システムの新製品

2018 年 9 月 22 日 土曜日

サンテックパワージャパン

<発表内容のポイント>

・ハーフセル技術の採用により出力と変換効率が向上した単結晶太陽電池モジュール2製品を新発売
(標準モジュール310Wと大型モジュール370W)
・小規模産業用パワーコンディショナがバージョンアップし、モジュールの高出力化に対応

サンテックパワージャパン株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長 ガオ ジャン、以降サンテックパワージャパンと表記)は、新たに産業向け太陽電池モジュール2製品と、従来品よりバージョンアップした小規模産業用の屋外集中型パワーコンディショナを発売いたします。太陽電池モジュールは10月1日より受注開始予定、パワーコンディショナは、すでに受注を開始しております。

【ハーフセル太陽電池モジュール】

この度発売する産業向け太陽電池モジュールの新製品は、単結晶の標準モジュール310W(120セルタイプ)と大型モジュール370W(144セルタイプ)の2製品で、いずれもハーフセル技術を採用しております。また、業界最長水準の25年のモジュール出力保証と、12年のモジュール瑕疵保証が無償で提供されるため、長期間安心してご利用いただけます。

■ハーフセル太陽電池モジュールの特長
① モジュール出力の向上
特殊なセル設計により、電流が小さくなるため、配線部分での電力ロスを低減。モジュール化した際の損失を抑え、セルの個体差による影響を減少し、総合的な効率の向上が可能となります。

② マイクロクラックおよびホットスポットリスクの抑制
バスバーの細線化によりセルとバスバーとの間の残留応力が減少し、これにともない、セル内のマイクロクラック発生リスクが抑制されます。また、残留応力が減少するとセル・バスバー界面が剥離するリスクも減少しますので、結果として、ホットスポットの発生リスクが抑制されます。

【パワーコンディショナ】

新しい小規模産業用の屋外集中型パワーコンディショナは、従来品と比較して、より小規模産業用に特化した性能を向上させています。また、15年の製品瑕疵保証が無償で提供されます。

■小規模産業用パワーコンディショナの特長
① 今後のモジュール高出力化に対応
放熱部品にアルマイト処理をすることにより放熱性能が向上し、入力電流値拡大を実現。今後高出力化していくモジュールにも対応が可能になります。

② 小型軽量化
配線施工性を維持しつつ、設置面積・体積・重量を10%削減しています。

③ JET認証の新規格に対応

力率0.95時でも、定格出力5.5kWを実現しています。

④ 施工性向上
C型鋼を利用し、ボルト6本を固定する設置も可能となり、野立て用架台取付板(背板)が不要になった為、施工性の向上、コスト削減が期待できます。

再生可能エネルギーをめぐる情勢がパリ協定を境にめまぐるしく変化しているなか、RE100やSDGsへの取り組み拡大、また、昨今の異常気象などにより、再生可能エネルギーに対する関心は益々高まっております。サンテックパワージャパンでは、より性能の高い太陽光発電の開発において社会に貢献していくのはもちろんのこと、再エネ新時代に向けて太陽光発電を中心に、クリーンエネルギーのトータルソリューションプロバイダーを目指してまいります。

電材市場バナー 小 電材市場はリンクフリーです。
リンクの際は上のバナー
をご利用ください。

ホーム | 会社案内 | お問い合わせ | ショップの登録 | 広告について | サイトマップ


Copyright © 電材市場. All Rights Reserved.
無断での複製・転用はこれを禁止します。


無料アクセス解析